外国人オーナーの相続税

注意!非居住の外国人の方でも相続税・贈与税が
かかります

平成27年1月1日より、日本国内における相続税が増税となりました。
これに伴って、国内財産の海外移転や、国外への移住など、ご自身の財産の保全を検討されている方が多いようです。
しかしながら、単純に財産の国外移転や海外への移住することで相続税を回避することはできず、既に出国している方でも、相続税が発生するケースもあります。

そこで、非居住の外国人の方も含め、相続税の課税対象について整理いたしましょう。

 

外国人(非居住)の相続税・贈与税の取り扱い

平成12年度の税制改正、平成25年度税制改正の度重なる改正を受け、相続・遺贈又は贈与時の相続税・贈与税の取り扱いは、以下のように区分されるようになりました。

被相続人・贈与者相続人・受贈者国内財産国外財産
日本国内の居住が5年以内国外居住が
5年以内
日本国籍あり課税対象課税対象
国外居住が
5年超
日本国籍あり課税対象課税対象
国外居住者日本国籍なし課税対象課税対象外
日本国内の居住が5年超国外居住が
5年以内
日本国籍あり課税対象課税対象
国外居住が
5年超
日本国籍あり課税対象課税対象外
国外居住者日本国籍なし課税対象課税対象外

上記のように、日本国籍を持たない外国人不動産オーナーのような非居住者の方々についても、国内財産についてはすべて課税対象となりますので、注意が必要です。

また、相続税課税を避けるために海外への財産移転、海外移住をお考えの方も、ほとんどの財産が相続税の課税対象となりますので、同じく注意が必要です。

詳しくは、外国人不動産オーナーとのお付き合いの豊富な青山外苑会計事務所にご相談下さい。

 

港区・渋谷区周辺で納税管理人・外国人対応可能な税理士をお探しの不動産オーナーの方・不動産会社の方へ。青山外苑会計事務所へまずはお電話ください。フリーダイヤル0120975429 無料相談受付中

 

このページの先頭へ